【平川大輔さん、木村良平さんインタビュー】『和奇伝愛 永恋詩 〜弐ノ巻 赤翅・白十〜』本日発売!

XFCD-0024
2016年オトメイトレコードより発売されたキャラクターCD『和奇伝愛』シリーズの新作、
『和奇伝愛 永恋詩(わきでんあい えいれんうた)』が2017年8月23日より5ヶ月連続でリリース!

その【第2弾】となる『和奇伝愛 永恋詩 〜弐ノ巻 赤翅・白十〜』が本日9月27日(水)に発売!
赤翅役の平川大輔さん、白十役の木村良平さんのオフィシャルインタビューをお届けします。

キャストインタビュー

【和奇伝愛 永恋詩】平川大輔

赤翅役・平川大輔さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白十役・木村良平さん

Q1:収録を終えてのご感想をお願いいたします。

平川大輔:作品としては久しぶりなのですが、全員出演のドラマCDだったり、イベントに出演させていただいたので、気持ち的には『和奇伝愛』という作品が、ずっと続いている感じで今日を迎えられました。そして実際演じてみて、思った以上に楽しかったです(笑)。
前作のドラマCDでは、皆でご飯を食べているシーンがあったので、古薫のメンバーに対しては、いっちゃうところはいっちゃうんじゃないかなと想像しながら演じました。
皆、心の中に秘めているものがあるからこそ、普段はワッとはっちゃけた部分を出しているような気がしたので、思い切りやらせていただきました。


木村良平:二人出演というのが、面白かったですね。
第1弾は白十とヒロインの物語でしたが、その後全員出演のドラマCDの収録もしたので、キャラクター同志の関係性もどんどん生まれてきています。
そういった流れもあって、二人出演のドラマCDも成立するんだなと感じました。長くこの作品を、やってこれたおかげかなと思います。

Q2:演じられたキャラクターの魅力(もしくは今回初めて発見した一面など)はありましたか?

平川大輔:第一弾のCDの時にも、最初は女好きでチャラいお兄ちゃんで登場するのですが、
普段街の皆に見せている顔などより、彼には純粋でウブで幼い部分があるんですよね。
自分の中で、そういう面が強い人という印象があったので、主人公と二人きりになったシーンでは、そこを出せたらいいなと思っていました。
が、実際やってみると、想像以上にヘタレになってしまいまして(笑)。
普段他人を茶化しているような性格だからこそ、想いをうまく告げられないという場面では「そんなに駄目になっちゃうの?」と、自分でやっておきながら思いました(笑)。
新たな発見といいますか、彼に対して再発見した部分ですね。


木村良平:赤翅とここまで仲良かったんだなと(笑)。
意外と、もっと嫉妬狂うのかと思っていたのですが、赤翅が主人公を好いていることや、彼女とイチャイチャしていることを、嬉しくないと思いつつ受け入れる事は出来ているんだなと思いましたね。
それがちょっと意外だったかもしれません。

Q3:もしも登場したキャラクター(2人)が、現実に居たとしたら ご自身と、どんな関係になりそうでしょうか?

平川大輔:赤翅は、外面的には人の心にスッと入るのが上手い人なので、
いつの間にか彼のペースに巻き込まれて仲良くなっていそうな気がします。
白十は、チクリチクリと心に刺さる言葉を言いそうな気がします。
「君のそういうところ嫌い」とか言われちゃいそうですね(笑)。
でも、すごく魅力的な人なのでなぜか嫌いになれない気がするなぁ(笑)。
古薫のメンバーは皆、一緒に居たら大嵐に巻き込まれた感じになりつつも、楽しいんじゃないかなと思います。


木村良平:赤翅とは普通に飲み友になるでしょうね(笑)。
白十は好き嫌いが多くて、店選びに苦労しそうだからなぁ……。
ただ、頭が良いから白十はアナログゲーム会とかに呼びたいかな。
人狼ゲームとか、ボードゲームとか、強そうですよね。
最初に、「心だけは読むなよ!」って言っておきます(笑)。

Q4:ファンの方へメッセージをお願いいたします。

平川大輔:第1弾のシリーズや、全員出演のドラマCDなどの過去作品も勿論あるのですが、
このシリーズから聴きはじめていただいても十分にお楽しみいただけるのではないかと思います。
今回の作品から興味を持っていただいた方でも、キャラクター達の過去やどういう経緯があって今に至っているのかな?と思ったら、過去作品を聴いていただくと、より和奇伝愛という作品の世界に浸っていただけるんじゃないかなと思います。
美しくて物悲しくて、なんとも切ない部分もある……ですが、すごく綺麗な物語が紡がれていますので、是非この作品に魅せられていただきたいと思います。


木村良平:『和奇伝愛』という作品を続けてきた中で、
全員出演のCDなどをやってきたからこそ、その関係性を使った物語が新しく生まれました。
弐ノ巻となるの赤翅と白十は、両方とても独特でぶきっちょなのですが、方向性がまるで違う二人です。
ただそんな二人から愛されイチャイチャするだけではなく、なにやら新たな問題が起きはじめている……ひとつの予感を感じさせる物語になっていますので、ぜひ他の巻と合わせて聴いていただき、その謎が明かされる、今シリーズ最後のドラマCDまで楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いたします。


『和奇伝愛 永恋詩』とは

本シリーズでは1枚のCDにキャラクター2名ずつが登場し、一人の少女(主人公)を巡るキャラクター同士の恋のバトルを描きます。

8月発売の第1巻には梶 裕貴さん & 柿原徹也さん、第2巻に平川大輔さん & 木村良平さん、第3巻に櫻井孝宏さん & 津田健次郎さん、第4巻には特別編ドラマCDより登場の立花慎之介さん & 前野智昭さんが出演。

さらに12月にはキャスト総出演のドラマCDが発売。8人のキャストに加え、津田健次郎さん演じる巫(かんなぎ)の相棒でニコ生ラジオでもおなじみ琴音(ことね)を演じる鈴木裕斗さんと、本シリーズの新キャラクターとして「和奇伝愛」の物語の核心に迫る重要人物『命(みこと)』を演じる杉田智和さんが出演。総勢10名の豪華キャストが壮大な物語を彩ります。

発売日 タイトル
2017年8月23日(水) 壱ノ巻 柳・楽埜 (CV.梶 裕貴、柿原徹也)
2017年9月27日(水) 弐ノ巻 赤翅・白十 (CV.平川大輔、木村良平)
2017年10月25日(水) 参ノ巻 雅・巫 (CV.櫻井孝宏、津田健次郎)
2017年11月29日(水) 四ノ巻 桐生・寿 (CV.立花慎之介、前野智昭)
2017年12月27日(水) 萬ノ刻



第一巻 商品情報

XFCD-0024

【あらすじ】
触れた相手の心を操ることができる『妖術師』の赤翅。
触れた相手の心を読むことができる『他心通』の白十。
二人は同じ『古薫』の里で暮らす仲間だ。
しかし一方で、ひとりの少女に想いを寄せる恋敵でもあるーー。
支配することでしか自分の愛を表現できない白十。
大切だからこそ簡単に手が出せず、彼女への独占欲ばかりが高まる赤翅。
互いの欠点に気づきながらも、見てみぬふりをし、冷戦をつづけていた二人。
そんな中、白十が少女にとある行動を起こしたことがきっかけで、
赤翅もついに我慢が効かなくなり……?
【トラックリスト】
トラック1:序章
トラック2:壱章 ― 赤翅と白十
トラック3:弐章 ― 独占の愛
トラック4:参章 ― 支配の愛
トラック5:四章 ― 塊魔
トラック6:伍章 ― 真の愛
トラック7:六章 ― 心を繋いで
トラック8:主題歌「永恋詩(short ver.)」/歌;吉岡亜衣加


店舗特典

アニメイト
【全巻購入特典】永恋絵巻(ファンブック)
【各巻購入特典】トークCD


ステラワース
【全巻購入特典】書き下ろしSS小冊子
【各巻購入特典】ジャケット絵柄缶バッジ(40mmスクエア)


アニメガ
【全巻購入特典】クリアファイルセット
【各巻購入特典】限定キャストコメント入りイラストカード


アリスNET
【vol.1~4特典】vol.1~4:キャラコメント入りブロマイド
【ドラマCD特典】立ち絵イラスト缶バッジ(丸型57mm):命


タワーレコード
【各巻購入特典】ジャケットイラストポストカード


キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ

本CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント致します!
奮ってご応募ください!CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募ください。

尚、プレゼント応募の締め切りは2017年12月末日までとさせていただきます。(当日消印有効)
(商品の発送は、2018年1月下旬を予定しています。当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。)

 関連リンク 
『和奇伝愛 永恋詩』公式サイト
『和奇伝愛』公式Twitter
ⒸIDEA FACTORY/axcell

Loadingmylistmylistb

タグ:
▼ この記事をシェア・あとで読む ▼
スポンサーリンク

コメント (0) コメントを書く

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

コメントの反映に時間がかかる場合があります

関連記事

PR

castinterbeverepo 秋アニメ AGF2017特集バナー

新作乙女ゲーム

9/28発売
10/5発売  10/12発売
10/19発売  10/26発売

ピックアップ記事

  1. OMvol31_H1_ol
  2. キービジュアル
  3. キービジュアル_Code:Realize ~白銀の奇跡~m
ページ上部へ戻る