【ゲームレビュー】Vita『鏡界の白雪』 病み×噛み×ゆがみ=胸キュン!!

今回は、2016年5月末に発売されたオトメイトの 『鏡界の白雪』をご紹介したいと思います!

鏡界の白雪 限定版 予約特典(ドラマCD) 付

本作品はちょうど今の季節と同じく、大学2年生の夏休みから始まります。
ひんやりとゆがんだキャラクターたちに触れて、真夏を涼むのもまた一興。
はたまた、献身的な愛に心を躍らせて、熱帯夜を更に熱くするのもまた一興。
恋にトキメキ、振り回されながら、暑い夏を乗り越えませんか!?

あらすじ

大学2年生の夏、『世界の鏡展』を見に行った主人公の赤噛未白(あかがみ ましろ)は、とある鏡の前で一人の男性と出会います。
翌日、未白は目を覚ますと見覚えのない手鏡を持っていました。
その鏡は語りかけてきます。――「アナタがつい最近出会った人の中に、アナタの運命の相手がいるの。彼はアナタの助けを待っているのよ」
鏡に導かれたかのように、運命の相手と絆を深めていく未白。
けれど、彼はある『狂気』を秘めていて……!?

恋のお相手は全員「病んでいる」

本作のオススメポイントは、恋のお相手が全員「病んでいる」こと!
「かっこいいだけじゃ、物足りない」「少し危うい、弱い部分があると胸キュンする」「私が支えてあげたいの!」と常々思っているあなたに、全力で推したい作品です!!

躍動感溢れる音楽から始まるオープニングを抜け、不思議な色気のあるイラストがプレイヤーを物語の中にぐいぐいと引き込んでいきます。

そして、物語の中に出てくる食べ物の描写がとても上手で、見ているだけでめちゃくちゃお菓子が食べたくなります。
アイスクリーム、チョコレート、アップルパイ、マドレーヌ、クレープ、リンゴ飴……私、耐えきれずにプレイ途中でクレープを食べに出かけました。

また、スタッフロールは、ステンドグラスを模した背景に合わせ、可愛くて切ない優しい音楽が流れます。またキャラクターのシルエットに鏡の破片が触れると色付くなど、細部にまでとても力が入れられており、ゆっくりじんわりと物語の回想を促されます。何度も鑑賞したくなってしまう程です!

それでは恋のお相手、8人をご紹介したいと思います!

青春まっさかりな、物語

組島壊音(くみしま かいね)
CV:杉山紀彰さん

少しぶっきらぼうな所もあるけれど、心優しいステンドグラス作家。大学の同級生です
過去のトラウマのせいで、『大切なものこそ破壊したい衝動』に悩んでいます。

何かと世話焼きな未白は、壊音をアイスクリームで餌付け……ではなく、好物を差し入れたり、身の周りの世話などをしていく事で壊音と親しくなっていきますが、彼は彼女を大事に思えば思うほど破壊衝動に苦しみます。
そんな彼を受け止めてあげたいとプレイヤーは思うことでしょう!
また、大学生イベントが盛りだくさんで、友達同士でホームシアターをしている時に、ちょっとしたトラブルでキスしそうになるシーンでは、友達に知られるんじゃ、というハラハラと、互いにキスしたいのにできないもどかしさにドキドキしました!
青春まっさかりな、物語です。

感動的なクライマックス

心条無月(しんじょう なづき)
CV:杉田智和さん

混堂優等の幼なじみで、よく彼の大学の研究室に遊びに来る売れっ子俳優。オネエキャラ。
実は、『人形のように感情がなく』、「心」に憧れています。
普段はオネエ言葉なのですが、時折、男言葉で口説いてくるギャップに萌えます!!

無月は、未白と心を触れ合わせることで徐々に心を知っていきますが……二人の恋愛は一筋縄ではいきません。
ある人物の陰謀にまんまと嵌められ、離れ離れに。
心から泣くことのできなかった彼の、その時に見せる涙!
そこからの無月の病み具合はマッハヒート、プレイしていてハラハラの冷や汗と感動の涙を同時に流すという貴重な体験をしました。萌え過ぎて息苦しさを感じたほど……。
是非、味わっていただきたい感動的なクライマックスです!!

母性を思い切りくすぐられる物語

混堂優等(こんどう ゆら)
CV:岸尾だいすけさん

未白が通う大学の、童話を専門に研究をしている准教授です。
誰にでも優しく穏やかな人柄ですが、悲しい生い立ちのせいで他人の感情に敏感です。そして、他人に嫌われることを恐れるあまり『誰にも怒れない』という闇を抱えています。

未白と想いが通じ合った後に訪れる、まさかの予想外の展開!
未白のちょっとした行動に疑いを持ってしまった優等は、自分のどす黒い独占欲に気付き……
刹那的に愛そうとする優等と、未来を見据えて真っ直ぐ愛する未白が対照的です。
大人な彼が、独占欲を剥き出しにして絶叫するシーンは、萌え過ぎて思わず変な声が漏れました!
「放っておけない!」と母性を、思い切りくすぐられる物語です!!

甘くて痛いキスシーンは必見

墨府刺君(すみふ しきみ)
CV:松岡禎丞さん

北八白交番によく出没する彫り師の青年。頻繁に貧血やケンカが原因で、路上に倒れています。
実は痛覚がなく、『生きている実感を得るため痛み』を心から望んでいます。

痛みが欲しくて、自傷的な生き方をしている彼を、未白は心から心配します。
彼はそんな彼女に段々と惹かれていき、彼女との絆を深めることで痛みを得ていくのですが……物語は終盤にかかりジェットコースターのように急下降していきます。
憧れていた痛みを遂に手にした刺君は、どんどん痛みを受けることにはまっていってしまうのです。
傷つく刺君を見て、悲しむ未白を彼は理解ができません。けれど、そこで本当の痛みを知る事件が起こります。
刺君のために一生懸命頑張る未白が健気で泣けます。
そして迎える純愛エンド……
その甘くて痛いキスシーンは絶対見ないと損です!!!
二人のラブラブ度合いに、胸のキュンキュンが止まらないこと、間違いなし!

爽快なハッピーエンド

欠屋左慈(かけや さじ)
CV:斉藤壮馬さん

北八白交番によく遊びにくる年下のホストです。甘え上手で、いつも未白を振り回します。
けれど、辛い生い立ちのせいで、『誰よりも愛を渇望』し、一人きりでいることができません。
「抱き枕」という孤独を埋めてくれるアイテムとして、女の子を取っ替え引っ替え連れ込む彼に、未白の中で段々ともやもやが大きくなっていきます。

彼への気持ちを自覚した未白の切なさと言ったら、もう……!
左慈の心の傷も分かるからこそ責められませんし、そんな二人のすれ違いが切ない。
彼の過去を未白が知った後、左慈のあざとい甘え方に潜む必死さが見えてしまって、何をしても痛々しくて、辛かったです。
とっても可愛いくて、ちょっと怖くて……愛が重たい。だからこそ、二人の幸せを願わずにはいられません。
是非、爽快なハッピーエンドを堪能してください!

とにかく愛おしいダメな大人

善野世裏(ぜんの より)
CV:竹本英史さん

北八白交番のお巡りさんで、おばちゃんたちのアイドル。いつもニコニコしています。
人の良い笑顔とは裏腹に、誰も信じられず、裏切られる恐怖から『人と約束ができない』ということに苦しんでいます。

優しく素敵な大人な反面、被害妄想が著しく、約束は破るし、保身のために嘘はつくしとダメダメなのですが、そんなところが愛おしかった!!
とある理由から彼は未白を利用するべく近づいてきますが、罪悪感と恋愛感情が芽生えてしまいます。その上、本当のことは言えずに、心の内で葛藤する彼が可愛くて可愛くて。
心から抱きしめたい! と思いました。
クリスマスキッスの時の「どうすればいいのよ……」のセリフを是非聞いてください。
床の上をゴロンゴロンしてしまうくらい、とにかく愛おしいダメな大人です。

続いて、真相ルートとなる2人をご紹介!
【次のページへ】

ページ:

1

2

Loadingmylistmylistb

▼ この記事をシェア・あとで読む ▼
スポンサーリンク

コメントを開く

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

コメントの反映に時間がかかる場合があります

関連記事

PR

castinterbeverepo 秋アニメ

新作乙女ゲーム

9/28発売
10/5発売  10/12発売
10/19発売  10/26発売

ピックアップ記事

  1. OMvol31_H1_ol
  2. キービジュアル
  3. キービジュアル_Code:Realize ~白銀の奇跡~m
ページ上部へ戻る