【ゲームレビュー】『花朧 ~戦国伝乱奇~』 熱い「生き様」と切ない「愛」の物語

今回ご紹介するのは、オトメイトより2017年1月19日に発売された
PlayStation®Vita用ソフト『花朧 ~戦国伝乱奇~』です。

戦国時代を舞台に、織田信長の妹である主人公「市」と、天下統一を目指す武将たちの物語を描いた本作。
数々の歴史上の偉人たちと恋をしてきた、歴史もの乙女ゲームと和風乙女ゲームが大好きな筆者が、本作のゲームレビューをお届けいたします!


作品概要

◆ストーリー
時は一五〇〇年後期。
尾張国を治める織田信長の妹姫として生まれた「市」。
誰にでも分け隔てなく接する彼女とは裏腹に、
尾張織田家は人間離れした妖艶な容姿と、非道な行いから
『魔蒼(まそう)』の織田として、民から恐れられていた。
その魔蒼の一族である市には、
兄・信長さえ知らない秘密がある。
それは、織田家の宝珠『幸魂(さちみたま)』を
失くしてしまったこと
そして人の言葉を話し、宙に浮かぶ子狐
黒(くろ)と玉(ぎょく)の存在だった。
しかし、世は乱世(らんせい)。
天下統一を目指し、日ノ本各地で起こる乱世の波に
彼女もまた否応なしに呑み込まれていく――。

◆攻略対象キャラクター
浅井長政 (演者:浅沼晋太郎)
織田信長 (演者:谷山紀章)
武田信玄 (演者:下野紘)
柴田勝家 (演者:櫻井孝宏)
竹中半兵衛 (演者:浪川大輔)


ゲームレビュー

ストーリー・世界観

甘さ
★★★☆☆

ボリューム
★★★★☆

織田信長の妹である主人公の「市」は、恋に憧れる、美しく天真爛漫なお姫様。
お姫様、ということもありか弱いヒロインかと思いきや、意外にも活発で行動派な主人公です。
そんな主人公は、突如目覚めた「未来を見ることの出来る力」によって、自ら運命を切り開いていきます。

攻略対象となるのは、浅井長政、武田信玄、柴田勝家といった名だたる武将たち。
エンディングは各攻略対象キャラクターにそれぞれ3種類と、いくつかのバッドエンドが用意されています。プレイ時間は1ルートあたり約2~3時間、総プレイ時間はおよそ70時間程度で、ボリュームたっぷり。サブキャラクターもたくさん登場し、さまざまな人間模様が綴られます。


キャラクター

筆者おすすめのキャラクター、浅井長政と武田信玄の2人をピックアップしてご紹介します。

◆浅井長政(演者: 浅沼晋太郎)

hanaoboro_banner180_150_1
好青年度
★★★★★

甘さ
★★★★☆

照れ屋さん度
★★★★☆

◆公式プレイムービー:浅井長政編

主人公の政略結婚の相手である長政は、北近江を治める浅井氏の三代目当主。
見た目通りの爽やかな好青年で、真面目で誠実、ちょっと照れ屋な所も魅力的なキャラクターです。

最初は、主人公のことをただ幼くて、何も考えていない箱入り娘だと思っていた長政。
しかし、一緒に過ごす時間が増えるにつれ、2人は確かな信頼関係を築いていきます。

本作のメインヒーローでもあり、史実でも夫婦である長政と市。
政略結婚から始まる初々しい恋が楽しめる長政ルートは一番最初にプレイすることをおすすめします。

◆武田信玄(演者: 下野紘)

hanaoboro_banner180_150_3
癒し度
★★★☆☆

ギャップ度
★★★★☆

甘さ
★★★★★

◆公式プレイムービー:武田信玄編

甲斐国を治める武田家の当主、武田信玄はとてもゆっくりな口調のおっとりとした人物です。
そのおっとり加減は家臣から愛あるツッコミが入るほど!そんな彼が一歩、また一歩と主人公に惹かれていく過程が信玄ルートでは丁寧に描かれています。

信玄が自分の気持ちに気づいた時、ぶつかる大きな試練。彼が葛藤の末に、導き出した答えとは…?
普段は穏やかな信玄ですが、ここぞという時に見せる豪傑ぶりに、思わずギャップ萌えしてしまうこと間違いなしです!


システム

戦場の臨場感
★★★★☆

ボイス充実度
★★★★★

周回プレイ快適度
★★★★★

本作の特長となるのが、本編シナリオ連動型の選択肢「作戦始動手合せ」です。
制限時間内に選択肢を選ぶことで、パートナーとなる武将と一緒に戦っているかのような臨場感を味わうことができるこのシステム。最良の選択肢を選ぶと、武将の掛け声や「労いボイス」など、豊富な録りおろしボイスを聞くことができます。
1問につき制限時間は3秒と短く、敗北してしまうとバッドエンドに入ってしまいますが、
焦らず落ち着いてプレイすれば、テンポよくクリアできます。規定の点数を獲得するとご褒美画像も獲得できるので、スキップせずに全ての戦に挑むことをおすすめします。

また、物語の進行状況を確認したり、シーンジャンプができる「道のり」機能があるので、周回プレイもサクサク快適な仕様となっています。

レビューまとめ

主人公が持つ不思議な力、織田家一族の秘密、「朧」という存在など、多くの謎を含みながら展開していく本作。
史実の出来事に本作オリジナルの伝奇要素が加えられたストーリーは、歴史好きな方はもちろん、歴史に疎い方や、歴史物に苦手意識がある方でもプレイしやすいかと思います。

日本史の教科書で必ず目にしたことのある武将たちと、愛する男性のために戦う主人公。命がけの熱い「生き様」と切ない「愛」に触れてみてはいかがでしょうか。

こんな人におすすめ

①命がけの恋をしてみたい人

②歴史や武将が好きな歴女の方

③史実とは一味違う新解釈の歴史を楽しみたい人

※「花朧 ~戦国伝乱奇~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
©2016 IDEA FACTORY

Loadingmylistmylistb

▼ この記事をシェア・あとで読む ▼
スポンサーリンク

コメントを開く

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

コメントの反映に時間がかかる場合があります

神無月ゆん

投稿者プロフィール

06年〜乙女ゲー厶にハマりプレイ数は80以上。家ではオタクを隠しているが周りからはバレてるとの噂。

この著者の最新の記事

関連記事

PR

おすすめアイテム

castinterbeverepo 秋アニメ

新作乙女ゲーム

9/28発売
10/5発売  10/12発売
10/19発売  10/26発売

ピックアップ記事

  1. OMvol31_H1_ol
  2. キービジュアル
  3. キービジュアル_Code:Realize ~白銀の奇跡~m
ページ上部へ戻る