【アニメラボ第7回】今からでも間に合う!『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』第4話までをおさらい!

アニメ情報に特化した連載コラム「アニメラボ」
第7回となる今回は、この夏大注目の『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』をご紹介。出遅れた人もこれで大丈夫!第4話まで一気におさらいしていきます!

鼓動*アンビシャス


『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』

楽曲CD、ラジオ、イベント、コミカライズなど、様々なメディアを巻き込み、活動の幅を広げてきた二次元BIGアイドルプロジェクト『B-PROJECT』。
7月からはいよいよTVアニメがスタートしました。

アニメでは、「キタコレ」「THRIVE」「MooNs」の3つのアイドルユニットのレコード会社「ガンダーラミュージック」に新人A&Rとして配属された主人公・澄空つばさを中心に、B-PROJECTの面々と様々なトラブルや悩み、スキャンダル、ゴシップニュースなどを乗り越えていくお話になっています。そんなB-ROJECTのアニメ1話〜4話を振り返ります。


ep.01 BOYS MEET GIRL

10人のメンバーとのご対面&キタコレ回!

元CDショップの定員で、社長直々のオファーを受けてガンダーラミュージックに入社した、新人A&R(※)の澄空つばさは、歌番組のリハーサルの現場でB-ROJECTのメンバーと対面。ただの自己紹介だというのに、キラッキラでまぶしい彼らに圧倒されつつも、晴れて業界の仲間入りを果たします。

そして早速向かった次の現場は「キタコレ」の新曲レコーディング。順調に進むと思われたレコーディングでしたが、途中で2人の歌声に違和感が…。難航する中、つばさは二人のハーモーニーに音のぶつかり合いを聞き分け、無事レコーディングは終了。新曲が完成し、つばさは改めて新しい仕事を頑張ろうと決意します。

自己紹介シーンがとても大事に扱われていて、そこだけで、それぞれの個性、ユニットごとの色、関係性などなどがわかってしまうような冒頭に釘付け。倫毘沙のおかげで、思う存分竜持のデレを堪能できる貴重な回でした。

(※)アーティストの育成や音楽制作、宣伝企画、マネージャーのような業務も担当する職務


ep.02 BAD ENDも悪くない

続きましてはTHRIVE回!

新曲制作会議で聞かされた軽めアレンジに納得がいかない剛士。人一倍アーティスト思考の強い剛士は、アイドルとして愛想を振りまくことには消極的。そんな時、アイドル雑誌「キスアンドハグ」の撮影の仕事が入ります。

ただでさえ笑顔の苦手な剛士は、ニャンニャンポーズを要求され、我慢できずに飛び出してしまう・・・・。つばさ達は剛士を見つけ出し、たった1ページの特集、それでも、大好きな夜叉丸さんがなんども頭を下げてもらってきた仕事だと伝え、剛士は現場に戻り、謝罪のうえで撮影は再開。迷いこんだ猫の力も借りて、無事に撮影を終えたのでした。

「2人でやったほうが売れる」という編集長からの暴言に即答で「それはない!」と応えた健十。普段は喧嘩ばっかりの剛士と健十に、仲裁役の悠太。そんな3人の固い絆と友情を見られるストーリーでした。


ep.03 BRILLIANTで行こう☆

第3話はMooNs回!

初のタイアップの決まった『お星さまカレー』のCMロケ。キャンプ場に集まったMooNsは気合十分!撮影は順調に進み、いよいよ最後のシーン、というところで問題が発生。撮影を予定していた場所は、短期間で背よりも高い草木で覆われてしまっていたのです。

撮影への熱意から、誰に言われるでもなく、MooNsらしく、明るくまっすぐに草むしりを始めるメンバー達でしたが、ここで更なるハプニングが発生。つばさのスマホが猿に奪われてしまいます。つばさの耳を頼りに、メンバー・スタッフみんなで猿を追いかけた先にあったのはなんと温泉!監督はMooNsの熱意に感動し、温泉でのロケへ変更。事なきを得ます。

個性の強いMooNsも、向いている方向は同じ。一人ひとりの思いやりと優しさが垣間見え感動的なのに、なぜか笑っちゃう。彼らの掛け合いが楽しく、嬉しい回でした。


ep.04 BREAK OUT STAR

そして、第4話はB-Projectとして試練を乗り越える回!

野外ライブイベントに出演することになったB-PROJECT。入り時間を間違えて全員が遅刻、さらに前日リハから舞台装置の設置場所が変更されていて予定通りのパフォーマンスが出来ないことを聞かされます。

MooNsの踊る場所が確保できなくなることに焦り、抗議しようとする倫毘沙に対し、「なんとかする」とその声を遮る和南。ユニット間に不穏な空気が漂う中、ケータリング会場では一部のメンバーが本格派のバンドに「アイドルがフェスなんて」と喧嘩を売られ、控え室ではつばさが竜持の衣装を汚すという、トラブル続き。

外が土砂降りになり、多くのアーティストが尻込みする中、「与えられた環境で最高のパフォーマンスをする」ということを学んだメンバー達は、上半身裸でステージに登場!しっかりと存在感を見せつけ、大成功のうちにイベントを終えました。

他のユニットを思いやる倫毘沙、リーダーシップを発揮した和南、そして「これはB-PROJECTの問題だ」と言い切った剛士。ばらばらだった3つのユニットが、だんだん一つになっていく、それが描かれ、嬉しい気持ちが溢れてきてしまった4話でした。

今後もトラブル続き!?

第5話の予告でも、なにやら雲行きの怪しいストーリーになる予感・・・。まだまだ駆け出しのB-PROJECTは、これからも困難を乗り越えて成長してくれるでしょう!

これまではユニットごとの色が強く描かれていましたが、アニメではユニットを超えてみんなで関わるシーンも多く、これまでB-PROJECTを応援してきた人には、新たな関係性や一人一人のキャラの一面が発見できる嬉しいストーリーがちりばめられています。

初めての方にとっては、まず10人のメンバー達を覚えるところからですが、ご安心あれ。名前は難しいですが、そのあまりにも豊かな個性で、きっとすぐにみんなのことを覚えられるはずです。

放送情報

『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』はTOKYO MX、ABC朝日放送、BS11ほかにて毎週土曜日放送中!

第5話は、8月6日(土)より順次放送予定です。

 関連リンク 
『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』公式サイト
『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』公式Twitter

© MAGES./Team B-PRO © B-PROJECT

Loadingmylistmylistb

▼ この記事をシェア・あとで読む ▼
スポンサーリンク

コメントを開く

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

コメントの反映に時間がかかる場合があります

北條 藍優

投稿者プロフィール

アニメ・ゲームが生活の中心。北の国から全力で声優さんを応援しています。

この著者の最新の記事

関連記事

PR

castinterbeverepo 秋アニメ

新作乙女ゲーム

9/28発売
10/5発売  10/12発売
10/19発売  10/26発売

ピックアップ記事

  1. OMvol31_H1_ol
  2. キービジュアル
  3. キービジュアル_Code:Realize ~白銀の奇跡~m
ページ上部へ戻る