【今月の2.5次元舞台をチェック!】2017年7月より公演開始の5作品をご紹介!

天候は安定しませんが、日々夏の暑さを実感する季節になりましたね。夏はイベント開催なども活発になる時季。7月に公演が行われる、2.5次元舞台をご紹介いたします。

『Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-』

900万を超えるダウンロード数を誇り、大人気となっている、スマートフォン向けロールプレイングゲーム『Fate/Grand Order』が、ついに2.5次元舞台化!
通称『FGO』と呼ばれる『Fate/Grand Order』は、アニメやゲームなど、幅広い媒体で人気を集めた『Fate』シリーズの作品からキャラクターが多数登場する、いわばオールスターゲームのようなもの。科学と魔術が交差する世界で、人類滅亡を回避するための、運命の戦いが始まります。

『FGO』には様々なサーヴァント(使い魔として現世に召喚された英霊)が登場しますが、『FGO THE STAGE』では、アーサー王伝説に登場する英雄たちを中心に物語が展開。ゲームではプレイヤーの性別が選べますが、舞台版でもゲーム同様、主人公の藤丸立香が男版(演:佐伯亮)、女版(演:岡田恋奈)と回替わりで登場し、それぞれ違った雰囲気を味わうことができます。キャラクター再現度が高いとファンにも好評な本公演。新たなる『Fate』の物語をお楽しみください。

<公演期間>
夏公演:2017年7月14日(金)~7月17日(月) (Zepp ブルーシアター六本木)
秋公演:2017年9月29日(金)~10月8日(日)(Zepp ブルーシアター六本木)

<キャスト>
佐奈宏紀、佐伯亮、岡田恋奈、ナナヲアカリ、高橋ユウ、小野健斗、山口大地、菊田大輔、甲斐千尋、JAY、西川俊介、本田礼生、RiRiKA、井出卓也、ほか

 関連リンク 
『FGO THE STAGE』公式サイト
『FGO THE STAGE』公式Twitter
©TYPE-MOON / FGO STAGE PROJECT


ミュージカル『ヘタリア~in the new world~』

2次元の流行は日々変わりますが、根強い人気があるのが擬人化作品。その人気に火をつけたのが、世界の国を擬人化した『ヘタリア』シリーズです。ちょっとヘタレなところのあるイタリアを主人公に、日本やドイツ、アメリカやフランス、イギリスといった世界各国の擬人化キャラクターたちが登場。その国が辿った歴史や、文化、国民性などを、コミカルなタッチで描いています。

ミュージカル『ヘタリア』は、今作で3作目。1作目は自由すぎる国家たちを相手に、世界会議を進めようと奮闘する、ドイツを中心とした物語で、2作目は、イギリスやアメリカが中心。世界戦争や大航海時代など、原作同様ゆるい雰囲気を基本としながらも、重いテーマもしっかりと描くストーリーが見どころの一つとなっています。
本公演では、1、2作目の舞台に登場した国家に加え、人気キャラクターのプロイセン(演:高本学)が登場。戦後を舞台にした、新たな物語が紡がれます。

<公演期間>
大阪公演:2017年7月15日(土)~17日(月・祝) (NHK大阪ホール)
東京公演:2017年7月21日(金)~8月2日(水) (シアター1010)
大千秋楽ライブ・ビューイング:2017年8月2日(水)

<キャスト>
長江崚行、上田悠介、植田圭輔、磯貝龍虎、廣瀬大介、寿里、山沖勇輝、杉江大志、ROU(菊池卓也)、高本学、ほか

 関連リンク 
ミュージカル『ヘタリア』公式サイト
ミュージカル『ヘタリア』公式Twitter

© 日丸屋秀和・幻冬舎コミックス/ヘタリア製作委員会 © ミュージカル「ヘタリアNW」製作委員会


ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs立海

近年、多くのファンを獲得し、注目を集めるようになってきた2.5次元舞台ですが、その人気の火付け役となったのがミュージカル『テニスの王子様』です。許斐剛氏の人気漫画『テニスの王子様』を原作とした作品で、中学生たちがテニスに打ち込む姿を描いています。超次元テニスとも呼ばれる、およそ人間には実際にできない技のオンパレードと、個性豊かなキャラクターが大きな魅力です。
また、本作は若手俳優の登竜門とも言われており、若手の俳優を知るきっかけとなる作品としても、注目度が高くなっています。

2003年に初演が行われ、2015年には3rdシーズンが開幕。主人公の越前リョーマが所属する青春学園中等部のテニス部以外に、公演ごとにライバル校のテニス部が登場します。本公演では、神奈川県にあり、関東大会15連覇という輝かしい成績を誇る強豪校、立海大附属中学校のテニス部との試合を描いていきます。王者の風格を持ち、人気キャラクターも多い立海は、3rdシーズンからの新キャストでの公演。今までの公演を知らない新規の方も、長年のファンも両方楽しめる仕様となっています。

<公演期間>
東京公演:2017年7月14日(金)~23日(日)(TOKYO DOME CITY HALL)
大阪公演:2017年8月3日(木)~13日(日)(大阪メルパルクホール)
愛知公演:2017年8月26日(土)・27日(日)(名古屋国際会議場 センチュリーホール)
福岡公演:2017年9月2日(土)・3日(日)(福岡サンパレス ホテル&ホール)
宮城公演:2017年9月9日(土)・10日(日)(多賀城市民会館 大ホール)
上海公演:2017年9月15日(金)~17日(日)(虹橋芸術中心)
東京凱旋公演:2017年9月22日(金)~10月1日(日)(TOKYO DOME CITY HALL)

<キャスト>
阿久津仁愛、宇野結也、松村優、定本楓馬、永田聖一朗、加藤将、鈴木雅也、吉村駿作、牧島輝、相馬眞太、奥井那我人、畠山紫音、立石俊樹、田鶴翔吾、井澤巧麻、後藤大、大隅勇太、大薮丘、川﨑優作、前田隆太朗、ほか

 関連リンク 
ミュージカル『テニスの王子様』公式サイト
ミュージカル『テニスの王子様』公式Twitter

© 許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト © 許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会


舞台『夢王国と眠れる100人の王子様~Prince Theater~』

『夢王国と眠れる100人の王子様』は、2015年より配信されている女性向けスマホパズルRPGです。ファンタジックな世界観と、イケメンキャラクターが多数登場することで、人気を集めています。「夢世界」を舞台に、ユメクイに夢を喰べられて眠りについてしまった王子様を目覚めさせ、夢を取り戻していく物語です。
王子様たちは、タイトル通り100人も登場。ゲームではそれぞれと甘い恋物語を体験することができます。

舞台版では、『夢100』のCDシリーズである、『音100』シリーズに登場するキャラクターを中心にストーリーが展開。『音100』の楽曲歌唱に加え、ダンスやキャラクターの掛け合いによって『夢100』の世界を舞台上に表現します。

ゲームでは複数のEDが用意されていますが、本作でもストーリー分岐のある「太陽エンディング」と「月エンディング」を、回替わりで公演予定。「太陽」は楽しく賑やかに、「月」はしっとりと大人の雰囲気になるなど、同じ舞台でも雰囲気の違いが楽しめます。公式HPではキャストコメントムービーなどが視聴できます。ぜひ個性的な王子様たちをご堪能ください。

<公演期間>
東京公演:2017年7月21日(金)~7月25日(火)(AiiA 2.5Theater Tokyo)

<キャスト>
小澤 廉、高崎翔太、安達勇人、碕 理人、鷹松宏一、小林竜之、飯山裕太、上杉 輝、川隅美慎、高根正樹、吉岡 佑、高橋里央、山中翔太、ほか

 関連リンク 
舞台『夢王国と眠れる100人の王子様』公式サイト
舞台『夢王国と眠れる100人の王子様』公式Twitter

(c)GCREST, Inc. / Prince Theater2017


B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』

昨今は、空前のアイドルブーム。2次元にも男女問わずアイドルブームの波が押し寄せ、数多のアイドルグループが誕生しています。
なかでも、注目度の高い『B-PROJECT』が、CDデビュー、TVアニメ化、スマホアプリゲーム化に続いて2.5次元舞台化決定!
舞台版でも、「キタコレ」、「THRIVE」、「MooNs」、「KiLLER KiNG」の4グループ、総勢14人のアイドルたちが登場します。

台版の物語の詳細は明らかにされていませんが、舞台公演に加え、後日別日程にて舞台キャストが登場するライブが開催されることが発表されており、舞台とライブを合わせて一つの物語になる、とのこと。明らかにされていない部分が多いため、公演への期待が高まります。ぜひ、きらめくアイドルたちの姿を、その目で確かめてください!

<公演期間>
舞台公演:2017年7月28日(金)~8月6日(日)(天王洲銀河劇場)
ライブ:2017年8月16日(水)~17日(木) (Zepp DiverCity TOKYO)

<キャスト>
佐々木喜英、とまん、岸本勇太、三谷怜央、藤田 富、田口 涼、木津つばさ、上仁 樹、千綿勇平、平牧 仁、大海将一郎、滝澤 諒、大平峻也、川上将大、井深克彦、五十嵐麻朝

 関連リンク 
『B-PROJECT on STAGE』公式サイト
『B-PROJECT on STAGE』公式Twitter

© MAGES./STAGE B-PROJECT


夏よりも熱い!7月公演の2.5次元舞台!

他にも、6月より公演が行われている作品が複数あり、
舞台『刀剣乱舞 暁の独眼竜』iconは大千秋楽となる7月14日(金)に、
舞台『黒子のバスケ OVER-DRIVE』iconは7月17日(月・祝)にそれぞれライブビューイングが実施予定です。

また、6月より上演中のミュージカル『忍たま乱太郎 がんばれ五年生!技あり、初任務!!』東京公演は7月2日(日)に千秋楽を迎え、7月21日(金)~7月23日(日)までは大阪公演が実施。

5月から上演中のライブ・スペクタクル『NARUTO‐ナルト‐~暁の調べ~』は長期公演となっており、7月14日(金)~7月23日(日)に上海公演、7月29日(土)~8月6日(日)に東京凱旋公演が行われます。

夏本番となりますが、気温同様熱さを増している2.5次元舞台作品。7月も傾向の違う作品が揃っているため、見比べてみるのも一興です。作品により、演出などが違ってくるのも魅力の一つ。ぜひ生で2.5次元舞台の空気を感じてください。

Loadingmylistmylistb

▼ この記事をシェア・あとで読む ▼
スポンサーリンク

コメントを開く

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

コメントの反映に時間がかかる場合があります

藤堂しま

投稿者プロフィール

ブラウザゲームと猫が日々の癒し。2.5次元系舞台に注目してます。

この著者の最新の記事

関連記事

PR

おすすめアイテム

castinterbeverepo 秋アニメ
アニメイトオンラインショップ

新作乙女ゲーム

9/28発売
10/5発売  10/12発売
10/19発売  10/26発売

ピックアップ記事

  1. OMvol31_H1_ol
  2. キービジュアル
  3. キービジュアル_Code:Realize ~白銀の奇跡~m
ページ上部へ戻る